光触媒コーティング

函南タクシーのJapanTaxiは光触媒コーティング施工済です

ATP機器による測定

ATP測定器による汚染物質(= ATP値)の測定。十分に清浄に維持されているかを調べる検査。数値が少ないほど感染のリスクを軽減することができます。 施工前の測定(写真上)に比べ、施工後は1/8以下に数値が減少しました(写真下)。約30秒で結果が得られ、その場で衛生状態を確認することができ清浄度検査としては最も支持されている検査方法です。

  • 持続効果は1年以上

    車内の抗菌力を強化する施工の為、一回の実施で効果が約1年間持続します。常に消毒を繰り返す必要はなく、事前に車内全体を抗菌・抗ウィルスすることでウィルスや細菌を無害化し、接触感染リスクを最大限軽減します。

  • 光触媒の材料「酸化チタン」は化粧品や食品添加物などにも使われており、安心して利用できる素材です。

    乾燥後は酸化チタン成分のみの光触媒膜となり、一般的な従来品と比べ自己劣化を起こさないほか、光触媒活性が高いことが特徴で⾧い持続効果が期待できます。